産科医療補償制度とは

産科医療補償制度という制度は、平成21年1月1日からスタートしました。
産科医療補償制度は分娩を取り扱う病院、診療所や助産所(分娩機関)が加入する制度です。

産科医療補償制度に加入している分娩機関において「出生体重2000g以上かつ妊娠33週以上」、または「妊娠28週以上で所定の要件に該当した場合」で出生した赤ちゃんに、もし身体障害者障害程度等級1級または2級相当の重度脳性まひとなった場合に補償を受けられる制度です。(先天性の要因等については補償の対象外となります。)

どのような補償がされるの?

補償の対象と認定された赤ちゃんに対し、看護・介護のため、一時金600万円と分割金が20年にわたり総額2400万円、計3000万円が補償金として支払われます。
万が一の出産に伴うリスクのことを考えると産む側としては安心な制度といえますよね。

産科医療補償制度産科医療補償制度に加入している分娩機関では、制度のシンボルマークが院内に掲示されます。

また、この制度に加入している分娩機関の一覧は産科医療機能評価機構のホームページで確認することができます。
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/search/index.php

補償金はどこから出ているの??

病院側の負担として、お産一件ごとに分娩機関が3万円の掛金を負担することになっています。
もちろんこの病院側の掛け金は分娩機関の持ち出しというわけでなく、お産をする側の分娩費に上乗せされることになるでしょうから、産科医療保障制度に加入している分娩機関での出産は、加入していない機関でのお産よりその分高くなると見込まれますね。

産科医療補償制度の導入に伴って、健康保険から給付される出産育児一時金も、平成21年1月から3万円引き上げられることとなりました。



【注目!】子育ては胎児の時から始まっています。
≫後悔しない出産のための胎教について


≪200万女性のコミュニティサイト【ウィメンズパーク】≫

もうすぐママになる人へ・・・職場への妊娠報告どうした??
0-6カ月の赤ちゃんのママへ・・・おでかけ、いつから?
7~11カ月の赤ちゃんのママへ・・・8ヶ月は温泉OK? など。。。

ウィメンズパークなら全国のワーキングマザーとお仕事や子育ての悩みを一緒に解決できますよ!【登録無料】

同じ悩みがきっと見つかる「おしゃべり広場」がおすすめです!

フィード