育児休業給付の受給資格

育児休業給付をもらえる条件(受給資格)は次の通りです。
契約社員や派遣社員などでも一定の要件を満たせば育児休業給付をもらえるようになりました。


1. 一般被保険者(短時間労働被保険者を含む)が1歳(支給対象期間の延長に該当する場合は1歳6ヶ月)未満の子を養育するために育児休業を取得した場合。

2. 休業開始前の2年間に、賃金支払基礎日数11日以上ある月(過去に基本手当の受給資格決定を受けたことがある方は、その後のものに限る)が12ヶ月以上あること。

3. 期間雇用者(期間を定めて雇用される者)が育児休業を取得した場合、以下のいずれかに該当すれば支給対象となる。
・休業開始時に、同一事業主の下で1年以上雇用が継続しており、かつ、休業終了後同一事業主の下で労働契約が更新され、3年以上雇用が継続する見込みがあること。
・休業開始時に、同一事業主の下で労働契約が更新され、3年以上雇用が継続しており、かつ、休業終了後同一事業主の下で、1年以上雇用が継続する見込みがあること。

4. 育児休業期間中の各1ヶ月ごとに、休業開始前の1ヶ月あたりの賃金の8割以上の賃金が支払われていないこと(例 基本給が20万円だった場合、16万を超えた賃金が支払われていると、受給資格がなくなる)。

5. 休業している日数が、各支給対象期間ごとに20日以上あること(ただし、休業終了日が含まれる支給対象期間は、休業日が1日でもあれば、20日以上である必要はない)。

なお、2010年6月30日から「パパ・ママ育休プラス制度」(父母ともに育児休業を取得する場合の育児休業取得可能期間の延長)が施行されました。これにより、育児休業はこれまで1歳までだったのが、1歳2ヶ月までに延長され、「育児休業給付金」も同時に2ヶ月プラスされることになりました。

⇒ パパ・ママ育休プラス制度について



【注目!】子育ては胎児の時から始まっています。
≫後悔しない出産のための胎教について


≪200万女性のコミュニティサイト【ウィメンズパーク】≫

もうすぐママになる人へ・・・職場への妊娠報告どうした??
0-6カ月の赤ちゃんのママへ・・・おでかけ、いつから?
7~11カ月の赤ちゃんのママへ・・・8ヶ月は温泉OK? など。。。

ウィメンズパークなら全国のワーキングマザーとお仕事や子育ての悩みを一緒に解決できますよ!【登録無料】

同じ悩みがきっと見つかる「おしゃべり広場」がおすすめです!

フィード