産前産後休暇はどれだけ取得できるか

産前産後に休める期間としては、法律(労働基準法)で産前産後休暇について次のように定められています。

産前休業(労働基準法65条1項)

産前休業(さんぜんきゅうぎょう)とは、労働基準法65条1項により、使用者は、6週間(多胎妊娠の場合にあつては、14週間)以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合においては、その者を就業させてはならない期間である。なお、起算日は原則として自然分娩の予定日である。

産後休業(労働基準法65条2項)

産後休業(さんごきゅうぎょう)は、労働基準法65条2項本文により、産後8週間を経過しない女性を、就業させることができない期間である。ただし、同項但書により、産後6週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に就かせることは、差し支えない。


産前産後の産休制度以上をまとめると、産前については6週間(双子の場合は14週間)前から休職することができ、産後は8週間休まなければならないということです。

産前については「休業を請求した場合においては」となっているため、働きたければ極端には出産当日まで働いても構わないことにはなっています。


それから大切なことはこの労働基準法で定められている基準は最低限度の基準なので、会社によってこれに上乗せされて制度が定められている場合があります。

産前休暇が労基法では6週間前からですが、会社によっては8週間前からとれるようになっている、などです。

こういう制度もチェックしておき自分がいつから産休に入る予定なのかを周りの人に早い段階から伝えるようにしましょう。



【注目!】子育ては胎児の時から始まっています。
≫後悔しない出産のための胎教について


≪200万女性のコミュニティサイト【ウィメンズパーク】≫

もうすぐママになる人へ・・・職場への妊娠報告どうした??
0-6カ月の赤ちゃんのママへ・・・おでかけ、いつから?
7~11カ月の赤ちゃんのママへ・・・8ヶ月は温泉OK? など。。。

ウィメンズパークなら全国のワーキングマザーとお仕事や子育ての悩みを一緒に解決できますよ!【登録無料】

同じ悩みがきっと見つかる「おしゃべり広場」がおすすめです!

フィード