出産手当金

出産手当金とは

働くママの産休中の収入で大きいものは、この出産手当金です。

出産育児一時金は専業主婦のママでも旦那さんの健康保険から給付されますが、出産手当金は同じママでも働いているママ(健康保険の被保険者)が支給を受けることができます。

出産育児一時金と出産手当金出産手当金とは、法で定められた産前・産後の休み(産前42日・産後56日)の間はお給料が出ない会社がほとんどですから、この分の収入ダウンを援助するための手当金だからです。
主に会社員や公務員で仕事を継続するママがもらえる、産休中のお給料の代わりです。


法律でお仕事を休むように規定されているため、法律でその間の給与を援助してもらう、というようなイメージですね。給付は会社からではなく加入している健康保険組合から支給を受けることになります。

以前は、退職後6か月以内に出産した方や、健康保険を任意継続で続けて加入している方も出産手当金の給付対象でしたが、2007年4月より対象から外れることになりました。

昔会社の先輩で結婚を機に退職される方に、子供をすぐ作る予定なら、健康保険は任意継続しておくほうが良いですよ、とアドバイスしたところ、この出産手当金が思いのほか高額でたいへん助かった、任意継続をしていて良かった、と後に感謝されたことがありました。

でも現在ではお仕事を続けているママのみが出産手当金の対象となっています。
出産手当金の詳しい中身について見ていきましょう。



【注目!】子育ては胎児の時から始まっています。
≫後悔しない出産のための胎教について


≪200万女性のコミュニティサイト【ウィメンズパーク】≫

もうすぐママになる人へ・・・職場への妊娠報告どうした??
0-6カ月の赤ちゃんのママへ・・・おでかけ、いつから?
7~11カ月の赤ちゃんのママへ・・・8ヶ月は温泉OK? など。。。

ウィメンズパークなら全国のワーキングマザーとお仕事や子育ての悩みを一緒に解決できますよ!【登録無料】

同じ悩みがきっと見つかる「おしゃべり広場」がおすすめです!

フィード