出産手当金の額

出産手当金はいくらもらえるの?

出産手当金の額出産手当金の額は
標準報酬日額×0.6×日数分 です。

標準報酬日額とは大まかには毎月会社から支給されている月給を30日で割ったものですが、この月給は健康保険では報酬といって被保険者が労務も対償として受け取るものすべてが含まれます。(かなり広範囲になります)


お給料や残業代などはもちろんのこと家族手当や住宅手当、交通費などの通勤手当も報酬に含まれます。
(年3回以下の賞与は標準報酬に含まれません)

ですから、遠方から通勤されていて高額な通勤手当を受け取っておられる方は、健康保険の標準報酬も高くなり、出産手当金の日額も多くいただけることになります。
(もちろんその分、月々負担されている健康保険料も多く負担されていることになっているのですが)

仮に月給30万円の人がいた場合は、大まかな計算では、
30万円÷30×0.6×98=58万8000円
(正確な金額は担当の社会保険事務所などで計算してもらいましょう)となります。

ここで手当金の日額に98を掛けているのは、
産前休暇6週間・・・42日
産後休暇8週間・・・56日
の産前産後の法定休暇日の日数を合計した日数が98となるからです。

予定日より早く生まれた、遅く生まれた場合の出産手当金の額は?

予定日どおりに生まれた場合の出産手当金の額は上記のように標準報酬日額の6割の98日分となりますが、実際の出産が予定日より早まった場合は産前の42日分が少なくなります。

 

逆に予定日より遅れた場合は、産前の42日分が遅れた分増えることになります。

出産予定日より早まった場合も遅れた場合も、産後休暇の8週間分のあたる56日分の給付日数が増減することはありません。



【注目!】子育ては胎児の時から始まっています。
≫後悔しない出産のための胎教について


≪200万女性のコミュニティサイト【ウィメンズパーク】≫

もうすぐママになる人へ・・・職場への妊娠報告どうした??
0-6カ月の赤ちゃんのママへ・・・おでかけ、いつから?
7~11カ月の赤ちゃんのママへ・・・8ヶ月は温泉OK? など。。。

ウィメンズパークなら全国のワーキングマザーとお仕事や子育ての悩みを一緒に解決できますよ!【登録無料】

同じ悩みがきっと見つかる「おしゃべり広場」がおすすめです!

フィード